不動産投資でもぜんぜん失敗なし!|安心のために利用できる業者選び

一戸建の家々

安定志向に適しています

お金

間接的に投資します

安定的な収入を得たいと考えているのであれば上場不動産投資信託を保有するというのも魅力的な投資手法です。不動産投資信託とは、投資家が収益物件の所有権を保有するのではなく、運営会社を通じて収益物件に投資をし、その収益物件から得られた家賃収入を投資主に分配するという仕組みです。非上場不動産投資信託と上場不動産投資信託とがありますが、一般個人でも簡単に投資をすることができるのは上場不動産投資信託です。上場不動産投資信託は株式市場で売買することができるので、証券会社に口座を開設すれば、株式と同様に簡単に投資をすることができます。実物不動産とは異なり、書類手続きなどの手間がないことも人気の理由の1つとなっています。

性格を知っておこう

一言に上場不動産投資信託といっても、その種類は様々であり、それぞれの銘柄によって性格が多少異なってきます。例えば、ファミリータイプマンションやワンルームマンション等の住居系収益物件を主に保有している銘柄であれば、景気の好不況に関わらず、分配金が安定しています。その代り、投資口価格の変動も比較的緩やかです。一方でオフィスビルに主に投資をしている銘柄の場合には、好不況によって家賃収入が大きく変わるので分配金も住居系銘柄よりも大きく変動し、これにつれて投資口価格も大きく変動します。安定した収入を求めたいのであれば上場不動産投資信託の中でも住居系の銘柄に投資をし、分配金を得ながらキャピタルゲインを狙いたいと考えるのであればオフィス系の銘柄に投資をするとよいです。