不動産投資でもぜんぜん失敗なし!|安心のために利用できる業者選び

不動産

分散がポイントです

お金

分けて購入しよう

ここ数年で、中古ワンルームマンションの価格が上昇してきています。価格の上昇を見て、焦って購入を急いでしまうと、失敗しかねません。かといって、価格の上昇が続けば、売買を見送ったことが買うタイミングを逃したことになります。このような失敗をしないために取るべき手段は購入時期を分散していくということです。しかし、中古ワンルームマンションは都市部の築浅物件ともなると1000万円を超える金額であり、少しずつ買えるような商品ではありません。購入時期の分散はしにくい投資商品と言えます。もしも、購入時期を分散して投資をして行こうと考えているのであれば、中古ワンルームマンションよりも上場不動産投資信託の方が適しています。

基盤を作ろう

上場不動産投資信託は、多くの投資家が集まって不動産投資をしているような投資形態です。マンションやオフィスビル、ホテル、商業施設、物流施設などを投資対象としており、家賃収入を原資として分配金を支払っています。中古ワンルームマンションとの違いは、1口当たりの投資額が数十万円と格段に低いことです。銘柄によっては数万円程度で購入することができるものもあります。中古ワンルームマンションを購入する資金があれば、数十口に投資をすることが可能です。上場不動産投資信託は失敗を回避する施策もいろいろ取られているため、分配金がゼロになるという可能性は限りなく小さいです。上場不動産投資信託で安定収入を作ってから中古ワンルームマンションに投資をすれば、不動産投資で失敗する可能性も小さくなります。もっと勉強するために不動産投資セミナーを利用する人もいます。

始めるときにも必要な知識

不動産の契約書

何事も初めというものが存在しますので、初歩的な知識は講師などから得る必要があります。不動産投資を始めようとするときは不動産投資セミナーを利用して多くの知識を得るようにした方が良いです。

読んでみよう

サラリーマン向けの投資法

セミナー

不動産投資はサラリーマンに向いている投資法です。本業の仕事と両立できるからです。そこが株や為替の投資と違うところです。またこれから不動産投資を始める人は、無料の不動産投資セミナーを体験して基礎から学ぶべきです。基礎をしっかりやっておけば、自分に合った有料セミナーを見つけることができます。

読んでみよう

安定志向に適しています

お金

上場不動産投資信託は投資対象によって、その性格も多少異なってきます。マンション等の住居系の銘柄であれば安定した収入を期待できる一方で、オフィス系の銘柄は投資口価格の変動も比較的大きく、キャピタルゲインを狙うのに適しています。

読んでみよう